クロマキードーナッツ

弟のバンド、FOLKSにクロマキードーナッツ歌詞とArt Workを提供しました。

こちらから視聴できます↓

https://soundcloud.com/user-82691225/aycjrieqq2bk

<Massage>

 成長過程で誰もが経験する挫折、失恋、誰かの死、別れ。それら一つではない原因がつくりだす巨大な「空虚感」。歌詞のなかでいう、「ぽっかり穴のあいたドーナッツ」、または「えぐられた心」というのは、この感覚のメタファーだ。

 僕はどうして悩み、こんなにも傷つかなければならかったのか、知る必要があった。なにかしらの納得を得て、心の針をまえに進める必要があったのだ。

 長い年月が過ぎた。でもなかなか答えは見つからない。

 さらに年月は過ぎ、僕は気づきはじめる。

 “答えはもう、知っているのではないか?”僕がこんなに利己的な人間になるまえ、もっていたものがあったはずだ。それは平和な心──緑色をした心だ。でも僕はもう、その緑だけで生きられるほど純粋じゃない──。

──そうだ。この穴のあいた心に緑を宿せばいい。ちょうどクロマキーの緑がほかの色を映しだせるように、僕は僕以外の人のために歌うんだ。僕は僕という存在を曖昧にし、“僕”という不特定多数の人の共通点を作りだす。それによって僕のように悩む君を救いだせるかもしれないし、結果それが僕自身を救うことになるかもしれない。そもそも僕は僕自身に固執しすぎていた。僕なんてどこにもいやしないのに。僕は君なる。そして君は彼になるだろう。彼は彼女になって、彼女は僕になる。廻りに廻って、僕は君とふたたび出会うんだ。僕の悩みは君の悩み。君の苦しみは彼の苦しみ。僕たちはそうやって僕たちではない誰かの生活を描くのだ。そうしていればきっとそれが、僕たちがまだこの世に存在しつづけている理由になってくれるかもしれない。

<Lyric>

ぽっかり穴のあいたドーナッツは

どうして生きていられるのだろう

心をえぐられた僕たちは

これからどうして生きるだろう

僕にはかつて見えていたんだ

緑色した心の存在

僕にまだチャンスがあるのなら

もう一度取り戻したいんだ

僕は君

君は彼

彼は彼女

彼女は僕

回り回り回り

回っていく

そしてクロマキー

透明になって映したい

君の心を映したい

なるべくやさしく

だからクロマキー

透明になって写したい

君の景色を写したい

それがきっと理想だと思うんだ

僕は心をなくしたけど

悲観などこれっぽっちもしていない

君が考えるよりもずっと僕は

楽観主義者なんだ

もう一度旅に出ようとおもう

新しい心を探す旅に

僕だけの物語じゃなくてさ

僕“たち”の事を歌いたいんだ

僕は君

君は彼

彼は彼女

彼女は僕

僕は

僕で

僕たちなんだから

そしてクロマキー

透明になって映したい

君の生活を映したい

なるべくやさしく

だからクロマキー

透明になって写したい

君の感情を写したい

それがきっと理想だと思うんだ

僕の作り出した歌が

君のなかで起動して

幸せになったら

そしたら

君が彼を

彼は彼女を

幸せにできたなら

そういうのをさ

愛の歌って呼ぶんじゃないかな

そしてクロマキー

透明になって映したい

君の心を映したい

なるべく優しく

だからクロマキー

透明になって写したい

君の景色を写したい

たとえ僕が空っぽでもさ

緑がそこにあればいいと思うんだ

Featured Posts
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
Recent Posts
Archive
Follow Us
まだタグはありません。
Search By Tags

© 2015 Created by TOSHIMASA IWAI